【初心者向け】暗号資産のお得な購入方法【#仮想通貨】

仮想通貨

仮想通貨?なにそれ怖い!

自分には敷居が高くて無理!

上記のように感じる人も多いかもしれません。

しかし暗号資産(仮想通貨)の敷居は思っている以上に低く、ローリスクでの運用も可能です。

この記事では初心者向けに、暗号資産(仮想通貨)のお得な購入方法を解説します。

 

もちろん暗号資産の下落リスクがあるため、マイナスになる事はあります。

しかしこの記事通りに進めれば、誰でもお得に暗号資産を買うことが出来るはずです。

すでに暗号資産を持っている人も、まだの人も参考にして貰えたら嬉しいです。

【注意事項】
・自己責任にてお願いします。
・スプレッドやポイントは時期によって変動します。
・暗号資産が下落するリスクがあります。

 

スポンサーリンク

概要

大まかな手順は以下の通り。

①ポイントサイト経由で暗号資産取引所の口座開設
②暗号資産を購入してポイントを貰う
③ポイントを現金化、暗号資産を売却or運用

 

暗号資産を購入するためには、まず取引所の口座開設が必要になります。

その口座開設をポイントサイト経由で行うとポイントが貰えるので、

そういったサービスを利用しない手はありません。

 

貰ったポイントは現金化したり他のポイントに交換することも出来るため、

普通に暗号資産を買うよりお得に買うことが出来るという事です!

(ただし最初の1回だけ)

買った暗号資産は即売却するも運用するも自由です。

 

ポイントサイトは「ハピタス」、取引所は「コインチェック」を使って説明します。

 

ポイントサイト「ハピタス」


ポイントの使い道は、現金 or レートの高いAmazonギフト券かTポイントがオススメです!

 

暗号資産取引所「コインチェック」

コインチェックとは国内の大手暗号資産取引所です。

取扱銘柄が多く、コインチェックNFT、でんき、ガスなどのサービスも提供しています。

ただし手数料が高いので、メイン口座として使うのはオススメ出来ません。

国内取引所ならGMOコイン、海外取引所ならBinanceBybitがオススメです。

 

実際の手順を解説

細かい手順は以下の通り。

①ハピタスに登録
②ハピタス経由でコインチェックの口座開設
③コインチェックに日本円を入金
④暗号資産の購入とポイント獲得
⑤ポイントを交換
⑥暗号資産の運用

以下、スマホの画面で説明します。

「ハピタス」に登録

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
①↑のリンク先の「会員登録する」をクリック。

②メールアドレスを入力して次へ。

③パスワード、ニックネーム等の必要事項を入力、規約を確認して同意して登録するをクリック。

④入力したアドレスにメールが届くので、リンクをクリックしてメールアドレスを認証。

⑤これでハピタスの登録完了。

 

ハピタス経由で「コインチェック」の口座開設

①ハピタスにログイン後、右下の検索をクリック、検索窓にコインチェックと入力して検索。

②検索結果のコインチェックをクリック、ポイントを貯めるをクリック。

③コインチェックのサイトに飛ぶので、口座開設(無料)はこちらをクリック。

④コインチェックの口座開設申し込み。

口座開設の具体的な方法は公式の以下の記事を参照して下さい。

Coincheck(コインチェック)の口座開設方法を解説【動画付き】 | Coincheck
Coincheck(コインチェック)の口座開設方法について、初心者向けに詳しくご紹介します。さらに、セキュリティ強化につながる二段階認証の設定方法や、仮想通貨の買い方などについても解説していきます。

↑ではアプリでの登録方法が記載されているので、ハピタス経由の場合の画面とは少し違いますがやる内容は同じです。

アプリからの登録ではなく、必ずハピタス経由で登録を行うこと!

そうしないとポイントが貰えません!

 

私の場合、深夜に口座開設の手続きをやって、翌朝には開設完了のメールが届きました。

口座開設が完了すれば、いよいよ暗号資産の取引が出来るようになります。

 

コインチェックに日本円を入金

暗号資産の取引するためには、まず日本円をコインチェックに入金する必要があります。

コインチェックの入金方法は銀行振込、コンビニ入金、クイック入金の3通り。

オススメは手数料が一番安い銀行振込。

GMOあおぞらネット銀行 or 住信SBIネット銀行の口座があれば、振込手数料は無料です。

コンビニ入金、クイック入金は手数料が770円もかかるので非推奨!

GMOコインならクイック入金の手数料無料ですが…

 

スマホアプリでは、ウォレット→日本円→入金の順にタップ。

GMOあおぞらネット銀行か住信SBIネット銀行どちらかの銀行を選択。

すると振込先の口座情報が表示されるので、その口座に振り込みます。

住信SBIネット銀行の口座から振り込みしたところ、深夜でもすぐに入金が反映されました。

 

暗号資産の購入とポイント獲得

ハピタスでポイントを貰える条件は以下の通り。

【ポイント獲得条件】
60日以内に新規口座開設(本人確認完了)+ 90日以内に50,000円以上の販売所での購入完了

※入金はコインチェック内での日本円入金が対象であり、仮想通貨の送金は対象外です。
※購入は販売所での売買が対象であり、取引所は対象外です(購入が成果対象の為、売りは対象外です)
取引通貨銘柄は問いません。
※取引条件の90日以内の起算日はウェブ口座開設日です。
※WEBにて会員登録後、口座開設及びご入金はアプリで行われても対象となります。

取引所ではなく、スプレッドの高い販売所で5万円以上買う必要があります。

スプレッドとは「売値と買値の差額」のこと
売値は安く、買値は高く設定されています。
その差額が実質の手数料として徴収されています。

 

↓コインチェックでIOSTを購入した場合の具体例(2022/3/24 0:18時点)
買値50,000円に対して、売値47,800円

でも9,200pt貰えるので、スプレッドを加味しても実質40,800円でおよそ47,800円相当分の暗号資産が買えると思えばお得!

 

↓スプレッドについてはコインチェック公式の記事を参照

仮想通貨取引・購入時のスプレッドとは? | Coincheck
株やFXなどの金融商品の取引を行なったことがある方はご存知かもしれませんが、スプレッドという言葉を初めて聞く人も多いかと思います。仮想通貨の販売所で取引する場合には、売値と買値の差額であるスプレッドが発生します。仮想通貨におけるスプレッドの意味やスプレッドが大きくなるタイミングや注意点について解説します。

 

↓実際の購入方法についてもコインチェック公式の記事を参照

Coincheck(コインチェック)の始め方|暗号資産ビットコイン(BTC)を購入する方法 | Coincheck
ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)など、話題の暗号資産(仮想通貨)。今回は、国内大手の取引所であるCoincheckでの口座開設や、暗号資産の購入方法などについて詳しく紹介します。

 

購入する銘柄については次の記事で解説します。

 

ポイント交換

ポイントが貰えるのは取引完了後約30日~120日。

かなり先になるので気長に待つしかないです。

ポイントが入ったら早速ハピタスで交換しましょう。

スマホではマイページ→ポイント交換で交換先一覧が表示されます。

交換するポイントは、Amazonギフト券が490pt→500円分、

Tポイントが300pt→312ptとなるのでオススメです。

現金に交換は一番下にあり、300pt→300円となります。

 

購入した暗号資産の運用

購入した暗号資産をどうするか、以下に候補を記載します。

①売却
②ガチホ(貸暗号資産、ステーキング)
③現物取引、レバレッジ取引

①売却

ハピタスで9,200ptが貰えるので、すぐに売却したとしても利益にはなります。

IOSTを購入した時の具体例
①50,000円で暗号資産を購入

②即売却
③貰った9,200ptを現金化
④ー50,000(買値)+47,800(売値)+9,200(獲得pt)=7,000(利益)

結果、7,000円分の利益。

確実に利益を出したい人にはオススメです!

 

②ガチホ

でもせっかく購入したのなら、もっと利益を上げたい…。

という人には次の記事で解説します。

 

③現物取引、レバレッジ取引

リスクが高いのでここでは説明しません(と言うか出来ません😱)

 

まとめ

①ハピタス経由でコインチェックの口座開設
②50,000円分の暗号資産購入
③9,200pt獲得(現金化可能)
④暗号資産を即売却しても約7,000円分の利益 ※IOSTの場合
(売却しなくても実質40,800円で約47,800円相当分の暗号資産が買えたことになる)

ポイントの付与に日数がかかるのがネックですが…。

私の場合、口座開設をしてちょうど1ヶ月でポイントが貰えました。

ハピタスの登録は以下のリンクからどうぞ。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

 

いかがでしたでしょうか。
この記事が暗号資産を始めるキッカケになれば幸いです!
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

↓次の記事はこちら
【初心者向け】暗号資産を簡単に稼ぐ方法(ステーキング)【#仮想通貨 #IOST】

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました